上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(続き)


それは、2009年対柏レイソル 日立台


初めて、柏の聖地 日立台でサッカーを観た試合だった。


2009.6.20 柏vsFC東京 日立台 紙ふぶき

柏レイソル2009J1第14節


観るだけだったら、何てことはない、ただの東京が大勝しただけの試合だったけれど、
俺がいたゴール裏左側には、東京の左サイドバック長友佑都がいた。


長友という選手は、今でこそ世界一のインテルにいるが、正直、ポジショニングは良くない。


味方にとってパスが出しにくい相手と被る場所に、よくいたりする。


パスを回し倒すポゼッションサッカーの場合には、パスコースを一人潰してしまうので、長友って実は東京には使いづらい選手だったり、今は思うのだけど、それに有り余る、攻撃的な推進力と勇気がある。


そんな長友の凄さを初めて感じたのが、この身近で見ることの出来た日立台だった。


長友のトイメン 柏の右サイドは、縦への馬力のあるドリブルが持ち味の太田兄だったのだが、前半から長友の上がりを防ごうと、長友の上がった裏を突いて来るのだが、同じヨーイドンでも長友の戻りに勝てない。

長友も虎視眈々と攻め上がろうと、ほぼ太田とマンツーマンでガチガチのやり取りをする。

この日の試合は、石川のビューティフルゴールや平山の小林祐三をぶっとばしたパワフルゴールが印象的だけど

Jリーグ 第14節 対柏戦 平山相太プレイ集 その10

実は長友と柏の右サイドはあまり試合に絡んでいない。

でも専用スタジアムで、試合の本筋とは違う部分+目の前で繰り広げられる 

長友 VS 太田 の勝負に 少なくとも俺はサッカー観戦 最高!と思ったさ。


柏から太田の前のスペースにロングボールが出る

長友が追いかける

追いつき、長友が身体を入れる

もつれ合って、二人とも倒れる

それが、目の前5M位のところで何回も繰り広げられる・・・

二人の息遣いがハアハア聞こえる 芝のにおいがあたりに漂う

・・・そんな選手が今はイタリア・セリエAにいる



千葉。太田圭輔オフィシャルブログ


チームの総合力で勝つことの多い FC東京にとって
長友のような 対面の相手には絶対に負けない!という気概を持つ選手がいたこと

そして、今 そんな選手が少ないことは、三ツ沢の専用スタジアムで観ていても
少し違和感を感じてしまったことでもある。

野球と違ってサッカーでの個人での1対1の勝負ってなかなかないけれど

ガンバ安田 ヴェルディフッキ 鹿島内田 VS 長友 みたいに 長友はいつも名勝負と維持を魅せてくれた。


最初の話に戻るけど、この試合の結果 途中出場の石川直が
ロスタイムにゴールを決めて、それが決勝点になり 劇的勝利につながったわけで

そんな石川も数少ない 1対1の勝負が出来る選手なのです。

2011.10.19 FC東京 石川直宏 ゆりかごgoal!





ゴール後の終わらないゆりかごと共に。。。


おわり




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ayubisd.blog109.fc2.com/tb.php/470-ab9c82c1
/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。