上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のウズベキスタン戦。


久しぶりに眠くなる代表のゲームでした。


3次予選でウズベキスタンに苦戦したことは、様々言われているけれど、
グローバルになって、昔に比べて世界のサッカー格差はどこもなくなって来ているし、アウェイでの勝ち点1はしょうがないと、途中で寝てしまいそうになった。


元来、ザッケローニのサッカーって、本質がよく分からないし、
なぜ勝てているのかも意外に分からなかったりする。


オシムの時のパスサッカー志向(未完成だったが)


岡ちゃんワールドカップ時の開き直りひたすら守る作戦


それに比べて、ザッケローニはショートカウンターと本田と長友任せのサッカーである。

それが、顕著に出てしまったウズベキスタン戦だった。

本田は、相手二、三人に囲まれても吹っ飛ばしてキープ&パスが出来る唯一の選手で、ゴールへの推進力がある。本田が居ないと(李だと)、攻撃の起点がサイド一辺倒になり、香川や岡崎が潰されてしまう。

また本田のよい所は、パスを回すだけではなく、外してでもガンガン狙ってくし、と思ったら絶妙なパスでゴールをお膳立てしてくれたりと見てて、ワールドカップから信頼感がある。

それは、昔に書いた通り。



日本代表の新エース・本田圭佑は、なぜしっくりこない?



もうひとりのキーマンではある長友はスピードとパワーがあるし、何より体力が半端ないから後半の守りも安定感する。

昨日の試合で、後半途中出場でも長友が出て来たら、流れがかなり変わったと思うし、ザッケローニのサッカーは後半勝負なので、後半に二段構えロケットの長友は本田以上にザックサッカーの申し子と言ってよいのかもしれない。


ただ日本代表の層はまだまだ厚いし、香川や清武のようにオリンピック組の逸材も控えている。


そんな中でも、途中出場でサイドをスピンでぶっちぎるスピードスターが足りないなあ。


終わり(^-^)/


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ayubisd.blog109.fc2.com/tb.php/452-eddfd08c
http://blog109.fc2.com/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。