上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.10 白糸の滝は
富士山有数の観光名所で有数のマイナスイオンスポット

白糸の滝です。

富士山周辺に来たら、最終的にはここに来ます。

意外に観光スポットが少ないので、西へ西へ逃げて行くうちに、富士最西端の白糸の滝に来てしまうのです。


とは言え、白糸の滝は素晴らしい観光地です。

滝マニアの俺としては、困った時のヒーリングスポットでもあります。

で、駐車場に白糸の滝に着く前に音止の滝というのがあります。

メインの白糸の滝が女性的な滝ならば、音止の滝は男性的な滝。かなりの落差から昨日ゲリラ豪雨で降った大量の水を落としています。




じつは、白糸の滝よりもこの大瀑布の方が好きなひとが結構いそう。
だけど、なぜか良く見えるフェンス最前面までは崩落の危険性がある為、行けず。

崩落って、何だ?

で、土産物屋の横を通って階段を下って行くと、見えて来ました白糸の滝。




こっちも雨のせいかかなりの水量。

白糸の滝は、滝壺まで歩いて行けるのが、素晴らしい。

周囲200メートルの霧状のマイナスイオンを浴びて、皆涼んでいます。



ちょっと横を見ると、いつもは行ける場所にロープが張ってあって、巨大な石が落ちている。



帰りに売店のおじちゃんに話しを聞くと、地震が凄かったって。


地震?

そうか、3月16日深夜に起きた富士山直下の震度6の地震、関東の誰れもが


「あ、ついに富士山が噴火する・・・」


って思った地震の震源が富士宮市の白糸の滝の真下だったのです。




その影響で、

・白糸の滝 やや崩落

・音止の滝の売店の下、崩落→立ち入り禁止

・白糸の滝滝壺見物台に落石あり

・売店窓にヒビ割れ


あいにくの天気と白糸の滝振興 ~崩落した滝~


おっちゃんの話だと、震災対策として今後(来年)は この橋の部分までしか行けなくなるみたい。。。




確かに滝というのは、大地を削っているのだから
常に何かが起きる危険性が高いのは仕方がないけれど、この美しい滝が間近で見慣れなくなる日も
近いとか。。。




おわり(0V0)







関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ayubisd.blog109.fc2.com/tb.php/434-7a404178
http://blog109.fc2.com/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。