上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島田紳助がいなくなるであろうのに、思うこと。


昔のブログでも書いたことある気がしますが、テレビ始めマスメディアとはそもそもプロパガンダを担う機関であって、多くは大衆の益の為に存在するものではない、という前提を認識しています。

で、民放に至っては電波を使ってお金を稼ぐ営利団体です。

建前や効力は置いといて、広告枠を販売し、その買い手を呼び込む為に視聴者を集めるプログラムを制作するという「商売」であり、荒っぽく言うと宣伝広告配信局なのです。

ただ一つの指標である視聴率を獲得し、広告枠の価格と販売を伸ばし利益を上げる、それ以外の目的はテレビにはありません。

と言うと、コンテンツを制作している中の人に失礼だと思うのですが、現状のビジネススタイルではコンテンツの精度に重点を置く必要が無いのです。

なので、発信される内容は端からあらゆるバイアスがあるのが当然であり、それを事象の判断材料として扱う場合、その発信元のバックボーンまでを考慮できなければ「間違った情報」として受け取る事になってしまう。

もちろん理念があって番組を作る人もいるのでしょうが、仕組みとして限界があるわけで。

「テレビを見ると馬鹿になる」

というより

「馬鹿はテレビを正しく見れない」のです。

メディア支配の重要性を唱える常識が数々存在する限り、それに対して有益なのは主に情報をコントロールする側であって、大衆は迎合するのを常とすべきものであることを常にしなければなりません。

商売において「儲ける」ということは紛れも無く1つの正義であり、そしてその正義はあらゆる他の正義をいとも簡単に凌駕することは当然です。

その仕組みを、何となく理解している大人が思考・判断力の未熟な子供に「テレビを見ると馬鹿になる」と視聴を制限させるのはあながち間違ってはいないと思います。

俺は朝のニュースしかテレビを観ませんし、紳助がどうなろうと、悲しみも喜びも全く感じませんでしたが。


どうでもいいですよ~


おわり(^-^)/
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ayubisd.blog109.fc2.com/tb.php/422-48b196cc
/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。