上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、自分よりも1つ下の女性といろいろと話をした。


その人は、年代も近いし、女性には珍しくJリーグやサッカーをよく観にいくということなので
なぜなんだろう?と話を聞いてみると、友達以上恋人未満の現役サッカー選手がいるという。

詳しくは言わないけれど、JFLの強豪チームのベテラン選手。



そのサッカー選手からアプローチされているが、
その選手も俺と同じ歳で、彼らの年になったらアスリートとしてのプロ生活ももう長く続けていけない。

彼女も年齢的にすでに結婚を意識する年齢であり、
大学を卒業してから、サッカーしかやっていない30台中盤の男との将来が心配であるという。

なるほど確かに、最近のサッカーは選手権やユースで活躍しても
高卒でJリーグに入らずに、推薦で大学に入学してからJリーグに入るケースが多い。

プロ野球と違って契約金も全体的な給料も安いJリーグよりは
4年間学歴をとって、保険の意味合いで大学に進学する”将来設計を計算する”選手が増えて来ている。

特に有力選手をとる事の出来ない(お金のない)J2の新興チームなんかは、
そういった大卒の選手を多くとって選手層をなんとかキープしているところもある。

岡山とか、富山とか。

■なくてはならない大学という育成機関

そういった中で、給料の安いJの中で実際にサッカー選手として大成しなくても
若ければサッカーというスポーツに見切りをつけて、一般社会に仕事を見つけることもできるかもしれない。

FC東京では1試合も出れなかったけど、東京都リーグで活躍してけど、23歳で惜しまれて引退した小山泰志のような生き方もある。

それはやり直しが効く年齢だったから。

東京23が退団選手を発表 DF小山は引退 = 東京都リーグ


仕事の事情でやむなく引退した俺と同じ年のペスカドーラ石渡さんのような生き方もある。

(石渡さんは、チーム事情で1年限定で復帰したけど)

石渡良太選手、退団のお知らせ。



その話をした子には、別に偉そうなアドバイスや何かを送れるような立場ではないけれど、

人生のタイミングって、本当に難しくて
この半年間が その当事者の2人とって大切で一生を左右する時間なんだなあ(みつを風)
と思った。

これを逃したらという焦燥感と これでいいのか?という、判断力と。

それと、ある程度のキャリアを積んだプロスポーツ選手といえど、
社会環境への適合や人生設計の難しさに悩んでいるということと。


そういえば、BBYTってサッカーしないで、何しているんだろう??


サッカーとかスポーツって、夢を与えるコンテンツだけど、
現実問題として、考えると凄く切なくなっちゃうんだよね・・・・・


おわり\(^o^)/





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ayubisd.blog109.fc2.com/tb.php/412-98874b15
http://blog109.fc2.com/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。