上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初にブックオフを見たのがいつだっただろうか?


ブックオフ登場以前から大規模な古本屋というのはけっこうあって、多摩地区に大学があった俺はブックスーパーいとうや小規模でも街中のいわゆる"古本屋"にはよく行っていた。


新刊本屋と違う古本屋の楽しみは、まず「探すこと」だ。


新刊本屋ではとうに姿を消した本、扱っていない本が埋もれて眠っていること。それに「出会えた」というあの感覚が好きだった。


または店の趣味が明確に見えること。


いまはもうないが、中原警察の前に存在していたうさぎ書房という古本屋なんかは、石ノ森章太郎先生の昔の作品の品揃えや廃刊になった漫画が豊富で、よく通ったものだ。


で、ブックオフである。


初めて行った時に、その物量に圧倒された。

すごいと思った。

これくらいの品揃えがあれば探していたものもきっと見つかると思った。


もちろん、ブックオフを知っている人のほうが多いだろうから結論を先に書いてしまうが、プレミアがつくような、いってみれば稀覯本にも近いような本を探している人にとって、ブックオフはまったく役に立たなかった。


商売はいつの時代も効率化を求める。

小売業のシステム化の最先端にあるコンビニも、客の需要を読む、という商売の根本を大規模なデータの集積が補ってくれる。場合によっては、それを全て肩代わりしてくれる場合もある。少量多品種という小売としては非常にやりにくい品揃えを、物流からシステム化し、効率化することで全国レベルで素人でも出来るように成立させる。


いま立ち返って、ブックオフを見たとき

いままでの古本屋とまったく違うコンセプト

ということは、すぐに分かる。

明るく清潔な店内、

マニュアル化された接客、

誰でも探せる五十音順の陳列、

広い通路幅。

全国一律の買い取り価格


それは、見慣れたフランチャイズシステムそのものだ。


その意識でもう一度ブックオフの品揃えを見る。

露骨なのは価格体系だ。

ブックオフの買取はおそらくは発売が新しいかどうかが、大きなウェイトを占めている。

従来の古本屋ならば、基本的には

その本を求める客がいるかどうか

が、一番の基準になっていたのだと思う。


漫画なんかだと、高い買取価格がつくものは、需要をもとに判断するにせよ、発売時期をもとに判断するにせよ、最新刊が高いという結果になるのだと思われる。


ブックオフは、本を"モノ"として"把握"している。

古本屋は、本を"コンテンツ"として"把握"している。

どちらが正しいかといえば、おそらくブックオフが正しい。


スケールメリットというのは、どんな商売にも必ず存在するけれど、古本を扱う場合、最大の障害になるのが"買い取り査定"

そこに専門知識が必要であっては、査定ができないし、毎日とんでもない量の書籍が発売されているわけで、それを逐一コンテンツとして価値を把握していたらキリがない。

大量出店するには、職人不在にすることは、どんな商売でも原則。


そして、古本屋のもう一つの目的である、「一般の書店では扱えないもの」を欲しい人に、再配布する役目。


ブックオフはこのへんの古本屋の意味を台風みたいに根こそぎ地ならしした。


ブックオフで扱う本は、新刊本屋にも置いてあるものだ。


あるいは

「かつてどこの店にも置いてあったが、いまは新刊では発売していない」ものばかり。

もちろん探せば見つけることもあるんだけど、総合的な機能としてはそうしたものは求められていない。



だから、ブックオフ台頭以後、"コンテンツとしての本の価値"みたいなものが下がったのではないかと思う。


もちろん、音楽と同じように、本自体の内容云々、電子メディア云々色々理由があるが。


売れ筋の本は、待っていれば、いつかは確実にブックオフに流れる。


410円だったコミックスは、いつか300円で買えるようになり、もうしばらく待てば100円で買えるようになる。人気作ほどその傾向は強くなる。


こうして考えると、ブックオフという存在は、単に古本業界のシステム化という以上の影響力があるような感じがする。


本をほとんど読まない俺がちょっと考えました。



おわり(・∀・)




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ayubisd.blog109.fc2.com/tb.php/342-a6362c90
http://blog109.fc2.com/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。