上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新潟のソウルフードといえば、イタリアンということで、


レインボータワーのみかづきで普通のイタリアンを食べる。




41279295_3964759274.jpg

みかづき


ごく普通のイタリアン

41279295_1260661604s.jpg



謎のクーポンチラシ

41279295_1412002094s.jpg




トマト味の焼きうどんな感じ。

B級大好きな僕でも

味の薄さと半端さが今一だと思うのだ。



以下、wikiから拾ったイタリアン (新潟)の説明です。



イタリアンとは、新潟県中越地方・下越地方独自のファーストフード・ジャンクフードの一種である麺料理。
カフェテリア型のチェーン店で販売されている。

実態は、名前から想像されるスパゲティの類ではなく、もやしを多く用いた

「洋風ソースかけ焼きそば」

と表現すべきものである。

原材料は焼きそば同様に蒸した中華麺である。

油を多量に用いた太目の炒め麺に、キャベツ、もやし等の具を加えてあり、
焼きそば、もしくは焼きうどんに類似するが、塩気は少ない。

ミートソース以外で麺に上掛けするソースの種類には、ホワイトソース、エビチリ、カレーソース、麻婆豆腐などがあり、ハンバーグやオムレツを麺の上にトッピングしたものなど、種類が多い。

新潟県民にとって、県外に出て初めて地元だけの食べ物だと気づくほど、地元に浸透している。[1]


発祥1959年、新潟市の甘味喫茶「みかづき」(当時の社名は「三日月」。1972年に平仮名書きに改称)のオーナー経営者であった三日月晴三は、箱根での経営者セミナー受講のために上京した際、東京都内京橋の甘味処「中ばし」で、大阪風の焼きそばをアレンジしたソース焼きそばに遭遇した。


今日も読んで下さったみなさん、ありがとうございます。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ayubisd.blog109.fc2.com/tb.php/253-c3839987
/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。