上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日。


前日夜に急遽発令された計画停電の為、いつもよりも一時間早めに駅に向かった。


駅のホームは到着した段階では、いつもよりも列が長い状況。


この時点で、6時30分。


そこから、一向に電車が来ず、待つこと30分 やっときた電車は超満員状態。



開いたドア側の乗客は開いたドアに再び乗れないで、なぜか乗車待ちが増える。

結局、一時間半待ち、電車4本待ったが、一向に乗れる気配がないため、諦めて自宅に戻ることに。


駅の階段を上がると入場制限で、駅前に行列ができている。


家に帰り、PCで交通情報をチェック。

第3京浜は混んでいない。(都心へは地獄)

大宮と鴻巣が9時20分より、東戸塚が12時より計画停電のため、連絡して東戸塚に向かう。


思いの他、東戸塚に早く着き、ガソリン給油の待機車両列に驚く。


パニックではないが、みんな粛々と、待ち続ける。


近くのドラッグストアにも待機列が出来ている。


横須賀線が動かなかった東戸塚だけあって、急遽休みになったお父さんたちが街を歩いている。


すれ違う人が多い。




結局、計画停電は起きずに夜まで東戸塚にいることになる。


ガソリンの待機列は環2まで続いていて、途切れることはない。


ガソリンがないのに並ぶ人たち。

明日の朝入荷に賭けて、6時間、車の中で待つ人たち。

車の中でエンジンをかけていれば、暖かいから待っていられるけど、次第にガソリンが減っていくデススパイラル。


それでも、粛々と待つことができるのは、日本のモラルの高さ。


この騒動はいつまで続くのだろうか?



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://ayubisd.blog109.fc2.com/tb.php/194-6024f8a9
/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。