上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと観たかった 映画 「エンディングノート」をamazonで、購入して観てみました。


2011.12.10 映画を作らば http://ayubisd.blog109.fc2.com/blog-entry-497.html





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「エンディングノート」は「仕事命!」で高度経済成長を駆け抜けた元サラリーマンの父が、定年退職後まもなくガンを宣告され、残された家族のため、自身の人生を総括するため、“エンディングノート”を作成し、自らの死の段取りをしていく姿を追ったドキュメンタリーです。
プロデュースは映画「誰も知らない」などの是枝裕和監督が担当し、是枝作品で助監督の経験を持つ砂田麻美(主人公の次女)監督のデビュー作です。
主題歌と劇中音楽は独特の世界観で知られる人気アーティスト、ハナレグミが担当しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お父さんが、実際に書いたエンディングノートってのは

「自分が死んだ際には誰々に電話してくれ」くらいの極めて事務的な”連絡事項”でしかなかったそう。

で、ちょうど次女である監督が、子供の頃からホームビデオをずっと撮っていて、
それをいろんなエピソードで「再構成」するっていう発想。

おかげでお父さんの人となりが良く伝わって、非常にセンスのあるやり方になっている。

深刻な話ではあるんだけど、お父さんの明るさが救いで重くならない。

すごくお茶目。本当に最期まで立派な方だったんだなあと思います。



To do 1. 神父を訪ねる
To do 2. 気合いを入れて孫と遊ぶ
To do 3. 自民党以外に投票してみる
To do 4. 葬式をシミュレーション
To do 5. 最後の家族旅行
To do 6. 式場の下見をする
To do 7. 洗礼を受ける
To do 8. 長男に引き継ぎ
To do 9. 妻に(初めて)愛してると言う
To do 10. エンディングノート



カメラは、家族のかなりデリケートな部分まで映し出している。


最初の面影もなくなるほど衰弱するお父さんが医師を前に
まるでサラリーマン時代のような営業交渉をするような理路整然とした会話の後で

家に帰った奥さんが、ひっそりとアメリカにいる息子に電話をする。

「年を越せない、もう1週間も厳しいって・・・」



亡くなる日の前夜

To do 9. 妻に(初めて)愛してると言う

で、子ども達を部屋から出し、夫婦二人きりで会話するシーン。


この映画はお父さんと子供との対話ではなく、お父さんとママの物語だ。


また絶妙な悲しみのタイミングで流れる お父さんのユーモア。


おかしみと悲しみの絶妙なバランス。


最後に映画「エンディングノート」オフィシャルサイトによしもとばななの推薦文が
載っているので抜粋します。

これがこの映画を言い得ています。



なんで監督のパパはこんなに最後まではっきりしていられるのか、

なんの力が彼を動かしているのか。

それはやはり結束のかたい家族への愛なのだろう。

みんながあきらめているような奇跡がさりげなく実現していて、

感動以上にまず驚いた。

この映画は希望だと思った。

――よしもとばなな(作家)



おわり

エンディングノート [DVD]エンディングノート [DVD]
(2012/05/25)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
http://blog109.fc2.com/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。