上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.28 PVをつくる
毎週末に健康の為、必ず10キロ走っているのだが、二ヶ月目をむかえるとその走り方のコツというのも覚えてきた。

iphoneで音楽を聴きながら、まず2キロを軽く流す。

そうすると、最初は足や肺が苦しいのだが、2キロを過ぎると、身体が有酸素運動になれてくるのか?隅々まで酸素が行き渡るのか?

必ず無の境地になる。


つまり、ランナーズハイ状態である。


だから、とにかく2キロまでは歩かずに我慢して走るのをやめない。


大体、うちからだと南武線の線路、フロンターレ事務室まで行くと2キロになる。


そこからは、多摩川まで音楽を聴きながら、無意識に走るし、途中で100円自販機で水を給水しながら走るのをやめない。



そして、夜の22時過ぎに多摩川河川敷に着く。

辺りは暗闇で二子玉の街の灯りしか見えないが、こんな時間でも多摩川の堤防の上を走っている人は何人もいる。


で多摩川の河川敷を音楽を聴きながら、二子玉にむかって走り折り返すのだが、そんな時に音楽と映像が無性にシンクロニシティする瞬間がある。


深夜の河川敷と二子玉の夜景と、心地よい風と。


日常のはずなのに日常でない雰囲気が自分をドラマの登場人物になったような気持にさせる。



話は変わるが、以前ブログで結婚式の余興的な事を書いたが、このブログの読者の方から、早速10月の結婚式のオファーが来た。


俺はこういった動画を作る時には、まず音楽が重要だと思っている。


みんなが知っている定番の音楽を使うのもありだけど、イントロの音を聴いただけで、ぞくっと来る、そんな音楽をいつも探している。



感動する動画って70パーセントくらいがそこで決まる。


昨日、ランナーズハイ状態で走りながら、ずっとこのPVの事を考えていた。


GOING UNDER GROUND/トワイライト


アオクサイ。


音楽やPVとしては、青くさい。


同棲する若い二人のドラマなのだが、最初の夕暮れの街並みと、中盤の男の子の葛藤する瞬間と音楽のシンクロが素晴らしい。


切なさが残るエンドオブラブストーリーなのに、これほどまでに疾走感があるPVも珍しい。


つまり、曲に載せるストーリーを考えたPV監督が素晴らしいということだ。


あの鈴木えみを世に知らしめた
ケツメイシの「さくら」にもよく似た、「報われざるラブストーリー」としては、双璧なんじゃないかとも思う。


「さくら」~ケツメイシ


結婚式用の二人のドラマが作られて、最終的にハッピーエンドで終るドラマ仕立てのストーリーが作れれば最高。


終わりは、これも名作、Mr.Childrenの「くるみ」の最後の部分をアレンジして、いつもながらに少し遊びを入れようかと。


Mr Children くるみ




こんな事を走りながら考えていると、多摩川沿いの夜のランニング10キロなんてあっという間だ。




おわり(^-^)/


関連記事
スポンサーサイト
2011.09.28 激動の一週間
先週はシルバーウィークにもかかわらず、台風や人生のターニングポイントなんかで、精神的に疲れました。





が、そんなことは言ってられません。


日曜日には、仕事のそのクソ忙しい合間を縫って、国立に参戦。


一ヶ月ぶりのスタジアム。


そして、セクシーな快勝。


やっぱり週末にコレがないとね!!



関連記事
結婚式の余興に関しては、毎回グレードアップして ”余興神"として あがめ奉られている 俺こと428です。

yokyo


最近は不況の影響か? 社会的風潮か? 

結婚式を挙げない、結婚しない若者が増えている! 


俺の遊びのチャンスがないぞ!!


人の結婚式で遊ぶんじゃありません!!





そんなわけで、昨日の日経MJを今日流し読みをしていたら、こんな結婚式企画があるのね!!







このウェディング会社はビジネスだから、こんなサービスにも100万円以上のコーディネート代やブログ製作に馬鹿高いコストが発生するけど、

(結婚式費用って異常みたいね、知らないけど)


「俺だったら、こんなのfacebook使ってタダでやってやんよ!」


というのが、俺の単純な考え。



そこでフェイスブックを使った結婚の盛り上げ方を、色々考えてみたぜ!


0.まずフェイスブックのテンプレートは結婚式バージョンにする(ピンクとか花のイメージ?)



1.登録アカウントは「新郎名&新婦名」

→公開検索すれば、誰でもみることができるし、居酒屋でも携帯で話題に!


2.二人の紹介のを 「プロフィール」に記入。出身地や大学、趣味、思想。もちろん画像もね!

→過去や頭ん中、人となりを知ることができるから、結婚式当日にはもう友だち!!


3.俺はまだ使ったことのない「ノート」に、二人の生い立ちから出会い、なれ初めを写真付で記載

→二人の歴史が分かるし、片方の相手を知らない場合でも、これは親近感が湧くよ!


4.あんまり使ったことのない「イベント」は、スケジュール帳として、結婚式までの過程(衣装合わせ、打ち合わせ、二次会、新婚旅行)を記載
  
→盛り上がっていく様子も分かるし、二次会の日程や場所なんかも共有できる。より多くの人が集まることができる。
今日なにやってんのかも段階踏んで分かる。


5.参加する人をひたすら「友達」に入れる。
参加しなくても「リスト」で参加出来ない友達をいれてもいいかも。
リストは新郎側、新婦側、親族みたいに。

→誰が参加するかわかるし、参加者同士でコミュニケーションをとることもできる。
まだあった事ない異性に会うのも楽しみだったりするし。


6.基本的に本線である「ウォール」には、二人の毎日の情報・生活 まあつまり結婚式までの「日記」を写真付で記入
  
→結婚式までのワクワク感や作りあげる感じを周辺の人とで共有できるから楽しみになる。
そこに友人からメッセージやいいね!が加わるから、新郎新婦も嬉しい。


7.もしビジネス的になるなら、横の「広告」部分には結婚式関連の「衣装ドレス」「美容」なんかを組みこんでもいいかも??


8.使ったことのない「クエスチョン」で、欲しい引き出物や 余興、ドレスの色などのアンケートをとって、多いものを新郎新婦がチョイスするのも面白い!

→子供の名前や数もフェイスブック多数決で決めちゃえよ!



これまで結婚式って、当日だけワクワクしたり、誰がくるかわからないから不安要素もあったりしたけど、これをやりつくしたら、なんかみんなで作り上げるイベントみたいに盛り上がる気がするんだよね!!


でも、周りがこれを動かすわけではないから、まめな新郎新婦にしかできない!

そう、毎日 ブログを懲りずに更新していている俺のような!!

誰か結婚式 近々挙げないかね??


余興は太田くんの結婚式の24時間マラソンでやり尽くした感はあるから、次は婚前プロデュースで遊んじゃうぞ!!



おわり(0U0)/




.
関連記事
今カッコいいと思われてる人物像ってどんな感じなんだろう。


だいぶ昔にナンシー関が


「木村拓哉のカッコよさを止める手段はないか」

みたいなことを書いてたが、
木村拓哉とは、あれ何年前の文章だったか。

とにかく、当時の木村拓哉という人は、どこからどう見てもかっこよくて、手のほどこしようがない感じだった。

そのかっこよさを否定することは難しかった。

それくらい圧倒的な「かっこよさ」の絶対的基準がちゃんと存在してたわけだ。

もちろん日本の人間全員がそれを共有してたわけじゃないだろうけど。


ところがところが、木村拓哉のようなかっこよさの基準が、今では分散してしまい、もしかしたら瑛太かもしれないし、東方神起かもしれないし、ブラピかもしれない。

そんな個の時代真っ盛りである。


それだけ「かっこいい」は、移ろいやすく、価値観が多様になってきつつある。


かっこいいとか、

かわいいとか、

醜いとか

まあいろいろ人間を形容する言葉はあるわけだけど、そのなかでも「かっこよさ」というのは、群を抜いて変化しやすいものじゃないかと思う。


それは、顔面が整っているというだけの問題じゃなく、その人の持つ(あるいはメディア的に表現される)スタイルや考えかた、そうしたもののトータルして相対的な「かっこいい」が存在するからだ。


だから絶対的な価値観の「かわいい」にはないものとして、

「雰囲気イケメン」

という言葉が存在したりする。


もっとも、ここんところ暫くは「かっこいい」というものは解体されつくして、絶対的な価値観がない、気もする。


理由としては、雰囲気イケメンという言葉からして、

雰囲気だけは‥

という否定論が必ず頭にあるからだ。


つまり、かっこいい人やものも視点を変えれば幾らでも「かっこ悪かったり」するもんだし、そういう意味では今の時代は良い価値観が確立しそうになると、周囲からどうでもよい、否定的な総スカンが入って作り上げられつつあるものが解体されるような時代になってる。


ネットがあるってが、そうなりやすい理由で、そのちょっとした否定的の声が伝わりにくいうちはまだよかったが、今は掲示板やSNSで一般人大衆が簡単に発する事ができる。


だから、韓流スターの何とかグンソクさんをメディアが一生懸命ブームにしようとして持ち上げても、一般大衆が

「あいつ、別にかっこよくなくね?」

と揚げ足をとるだけで、ブームの火種はネットをやらないおばさま方までしか広がらない。

そこが、数年前のヨン様の異常なブームとの違い。

ヨン様の頃は、今よりも全然Twitterや2チヤン、SNSは浸透していなかった。


だから、ネットコンテンツのブームを作り上げてしまった某代理店からしてみたら、発言できるコンテンツが予想外に自分たちのブームを作るというおハコを潰してしまったんではないか、とも思う。


だから扇動してもし切れない今は、
身近で

イケメンですね!!(雰囲気)


と言われることすらが、凄く幸せなんじゃないかな。


川越シェフみたいにね。






ドヤ顔うぜえ!



おわり(^-^)/









 
関連記事
最近、なるべく物を持たないようにしている。

物を持たないからには、まず捨てるという作業をしなければならない。


元々、俺たちの世代は、小さい頃から


ビックリマンシール

キン消し

ファミコンのカセット

をコレクションしなければ”ならない”子供社会だった。

親の世代がレコードや本を集める文化の上に、プラスして持運びできるような小さい物を集める事がステータスであるような風潮に育てられてきた訳。

だから、今でも細々と生き残っているモノマガジン雑誌や、
フィギュア収集みたいなオタク文化がその延長線上にあったりする。


で、これまでは集めるっていう事に関してだけど、今のワカモノは経済的な理由から、

買えない

っていう部分が大きくなってきた。
(ワカモノ論になっちゃったよ)


つまり、元々、

買えない→買わないからものが貯まらないワカモノと比べて

集める事がステータス→捨てなければならない、おっさん世代が俺たちである。


別に捨てる必要ないじゃんという意見もあるが、
物を持たない”シンプルライフ”が流行っている ということなので、
真剣に考えて 冒頭のまず”捨てる”行為をしてみている。


その中でも結構大変なのが、

本やDVD・CD

過去の日記にもいくつか書いているけど

CDを大量に売った

とにかくCD・DVD・本が多い。

あとフィギュア。

でっかいのから(等身大ヨーダ) 小さいものまでたくさんある。


それまでは空気のようにあった物を捨てる時には覚悟が要るんだ。


「持たない暮らし」で持たない4つのモノとは?


1. 自分の管理能力を超えるモノ

2. 愛着を持てないモノ

3. 自然に還らない、あるいは、次の人に譲れないモノ

4. 自分と、自分の暮らしに似合わないモノ


持たない暮らしの”七つの習慣”とは?

1. もらわない

2. 最初から買わない

3. ストックしない

4. 捨てる

5. 代用する

6. 借りる

7. なしで済ます


なるほど、今は高いお金を出さなくとも、100円均一が充実しているから、そこで用が足りるし、買わないという選択肢もある。



見栄えが良いもの?

見ているだけで、気分を高めてくれるもの?


自分のアイデンティティーを再確認する手助けになるもの?

それは、役に立ってる?

どれくらい使う?

何かで代用できたりしない?


それを考えると物なんてなくなってしまうし、何も必要としない究極の自給自足生活に近づくが、ふと立ち返ると不必要な物が多いことに気づいたりする。


この無駄な消費行動が経済を回していたりしたんだけどね。


おわり(^-^)/



関連記事
http://blog109.fc2.com/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。