上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初にブックオフを見たのがいつだっただろうか?


ブックオフ登場以前から大規模な古本屋というのはけっこうあって、多摩地区に大学があった俺はブックスーパーいとうや小規模でも街中のいわゆる"古本屋"にはよく行っていた。


新刊本屋と違う古本屋の楽しみは、まず「探すこと」だ。


新刊本屋ではとうに姿を消した本、扱っていない本が埋もれて眠っていること。それに「出会えた」というあの感覚が好きだった。


または店の趣味が明確に見えること。


いまはもうないが、中原警察の前に存在していたうさぎ書房という古本屋なんかは、石ノ森章太郎先生の昔の作品の品揃えや廃刊になった漫画が豊富で、よく通ったものだ。


で、ブックオフである。


初めて行った時に、その物量に圧倒された。

すごいと思った。

これくらいの品揃えがあれば探していたものもきっと見つかると思った。


もちろん、ブックオフを知っている人のほうが多いだろうから結論を先に書いてしまうが、プレミアがつくような、いってみれば稀覯本にも近いような本を探している人にとって、ブックオフはまったく役に立たなかった。


商売はいつの時代も効率化を求める。

小売業のシステム化の最先端にあるコンビニも、客の需要を読む、という商売の根本を大規模なデータの集積が補ってくれる。場合によっては、それを全て肩代わりしてくれる場合もある。少量多品種という小売としては非常にやりにくい品揃えを、物流からシステム化し、効率化することで全国レベルで素人でも出来るように成立させる。


いま立ち返って、ブックオフを見たとき

いままでの古本屋とまったく違うコンセプト

ということは、すぐに分かる。

明るく清潔な店内、

マニュアル化された接客、

誰でも探せる五十音順の陳列、

広い通路幅。

全国一律の買い取り価格


それは、見慣れたフランチャイズシステムそのものだ。


その意識でもう一度ブックオフの品揃えを見る。

露骨なのは価格体系だ。

ブックオフの買取はおそらくは発売が新しいかどうかが、大きなウェイトを占めている。

従来の古本屋ならば、基本的には

その本を求める客がいるかどうか

が、一番の基準になっていたのだと思う。


漫画なんかだと、高い買取価格がつくものは、需要をもとに判断するにせよ、発売時期をもとに判断するにせよ、最新刊が高いという結果になるのだと思われる。


ブックオフは、本を"モノ"として"把握"している。

古本屋は、本を"コンテンツ"として"把握"している。

どちらが正しいかといえば、おそらくブックオフが正しい。


スケールメリットというのは、どんな商売にも必ず存在するけれど、古本を扱う場合、最大の障害になるのが"買い取り査定"

そこに専門知識が必要であっては、査定ができないし、毎日とんでもない量の書籍が発売されているわけで、それを逐一コンテンツとして価値を把握していたらキリがない。

大量出店するには、職人不在にすることは、どんな商売でも原則。


そして、古本屋のもう一つの目的である、「一般の書店では扱えないもの」を欲しい人に、再配布する役目。


ブックオフはこのへんの古本屋の意味を台風みたいに根こそぎ地ならしした。


ブックオフで扱う本は、新刊本屋にも置いてあるものだ。


あるいは

「かつてどこの店にも置いてあったが、いまは新刊では発売していない」ものばかり。

もちろん探せば見つけることもあるんだけど、総合的な機能としてはそうしたものは求められていない。



だから、ブックオフ台頭以後、"コンテンツとしての本の価値"みたいなものが下がったのではないかと思う。


もちろん、音楽と同じように、本自体の内容云々、電子メディア云々色々理由があるが。


売れ筋の本は、待っていれば、いつかは確実にブックオフに流れる。


410円だったコミックスは、いつか300円で買えるようになり、もうしばらく待てば100円で買えるようになる。人気作ほどその傾向は強くなる。


こうして考えると、ブックオフという存在は、単に古本業界のシステム化という以上の影響力があるような感じがする。


本をほとんど読まない俺がちょっと考えました。



おわり(・∀・)




関連記事
スポンサーサイト


京都1-4F東京 05/28(土) 16:04 西京極



kopj.jpg


田邉草民

ソウタンマニア



FC東京、今季会心の勝利。

その立役者である田邊草民。

本質はドリブラーなのだが、中盤ならどこでも出来るテクニシャン。


1年目は攻撃的MF、2年目はボランチとして、そんなには出場しなかったが、プロ3年目にしてJ初ゴール&2ゴール目。


果たして、草民とはどんなプレイヤーなのか?


どこを目指すべきなのか?


昨日のチャンピオンズリーグ決勝を観て、この悩みは解消された。


田邊草民は、"持っている"サッカー選手である。


"持っている"というのは、昨年の南アフリカW杯にて、あの本田がヒーローインタビューで語った表現だが、本田のいうのとは意味が少し違う。


サッカー選手として、"持っている"である。



それは、不思議とボールを取られない選手、という意味である。


別の言葉で言うと、"キープ力がある"と言えるかもしれない。


日本でスターと呼ばれる選手は、不思議とボールを取られない。

取られても、足元にボールが戻ってくる。


中田

名波

中村俊輔


今だと、

本田

遠藤

中村憲剛

家長


東京の選手なら

梶山

大竹

幅を拡げると、

今野

森重

徳永

は持っている。



持っていない選手は、テクニカルなドリブル勝負が出来ない選手だ。

つまり、ボールを持つと危なっかしい選手。


椋原

高橋

過去だと、茂庭。



去年までのメンツをみると、城福前監督は持っている選手を集めることで、ポゼッションを高め、バルサのようなパスサッカーをしようとしていた。

この持っているというのは、産まれつきのセンスだ。

サッカーにおいて、ボールを失わないというのは、凄くアドバンテージになる。

それが同じチームに2、3人もいると、驚異的なポゼッションを生み出す。



それが昨日のバルサのメッシ、シャビ、イニエスタのトライアングルであり、

東京の梶山、大竹、草民が京都相手に魅せたパスサッカーの片鱗である。



ドリブルも出来、決定的なパスも出せる草民は、日本の誰にも当てはまらない。


レジェンドのメッシにはなれないが、シャビやイニエスタのように、巧い(上手い)選手になってもらいたい。


今回の東京サポーターからの

大竹、草民のファンタジスタを使え!

という大熊批判は何となく意味が分かってきた。


東京という場所柄、娯楽がたくさんあり、サッカーというコンテンツも目に触れやすい。

だからこそ、"勝つサッカー"と同じくらい、見る目の肥えたサポーターを満足させるような"楽しいサッカー"を求めている。

それが極端に調子が悪いと勝てなくてもいいから、楽しいサッカーを見たい!
と極端な反応になってしまった。


京都に勝ててしまったのは、魅せる>勝つの結果論であるかもしれない。


バルサは、クライフの時代から、そうやって"繋いできた"チームだ。


東京に、バルサを!


その時には、草民がチームの中心となる。







おわり(・∀・)




関連記事





昨日の夜?今朝?

年に一度のUEFAチャンピオンリーグの決勝でした!!


正直、去年までは熱が醒めていた俺も、

(インテルVSバイエルンだったし)

今年は(今年も)あのマンチェスターUが上がってきたとあって、試合観戦したいと思っていました。


何故ならば、俺は生粋の


マンチェスター・ユナイテッダー


だから。







大学時代のサッカーチームのユニフォームが、マンチェで、背番号は「20」


このユニフォームを着こんで、日本史上初!映画館で3Dで決勝を観戦しようを観てきたんですよ。


土曜の深夜3時に!


「UEFAチャンピオンズリーグ決勝」をシネコンで3D生中継 5/29(日)午前3時、ワーナー・マイカル・シネマズ5劇場で独占開催


全国で5館しかやらないので、一番家から近いワーナーマイカルを事前予約して。


深夜3時に車出して、コンビニに寄って、いつもサッカー観戦するときに買う


・惣菜パン

・紙パック1Lのピーチティー

・フルーツオレ


を鞄に隠し持って。


しかし、この時間の街は静かだね。


映画館に着いたら、劇場内は既に、チャンピオンズリーグのあのアンセムとディスプレイの演出が!!


おお!!


しかも、3時とは思えない人の数!!









お客さんも、続々と集まり出して、半分くらいがユニフォーム着ている!!

しかも、ほとんどがバルサ!!





マンチェ着ているのは、俺を含め5人くらい!!


バルサユニに囲まれる、一人肩身狭い俺。



劇場は、500席定員がsold outだったみたいで、客席満員、しかも初の試みでテレビカメラ来ている!ので、変な一体感。



もし俺が映画館サイドだったら、タオルマフラーとか記念グッズを販売しているね、きっと。






皆さんご存知のように、バルサが圧勝したのだけれど、

メッシ+シャビニスタ

のトライアングルは最高潮。


バルサが良いプレーをすると、一部から大きな拍手が聞こえてきたり、ゴールは全体で凄く盛り上がったり。


でも、会場が一番盛り上がったのは、ルーニーのゴールだけどね。。。




しかし、サッカー3Dの臨場感は凄くて、俯瞰でピッチを見る分には、いつもとそれほど変わらないんだけど、ピッチレベル、特にゴールキーパーの後ろからの視点とかゴールネットが掴めるくらいに見えて、更に遠くにルーニーが見えたりするのには感動した。


あとベンチが写る時の、奥行きに、ファーガソンの後ろに、スコールズが見えたり、アンデルソンが見えたり、やたらガタイのいい選手がいたり。


試合後、アビダルがトロフィーを掲げて紙吹雪が舞うシーンでは、目の前に紙が舞っていたり。



試合は語るまでもないですが、弱体化・高齢化しているマンチェの中でもルーニーはなんとかしてあげたいな。


今やリバプールのジェラードと並ぶくらいのチームの魂だよね、ルーニーは。



ただこのチームに、我らが香川慎司が入ったら、面白そう。



そんなことを考えつつ、フィナーレのアンセムを聞きながら映画館を出て、駐車場に戻ると既に朝の6時。


家に帰って、ぐっすり寝て起きたら、昼の13時でした。




おわり(・∀・)

関連記事
2011.05.28 桃太郎会
月に一度の桃太郎会。







ここでは、自分を含めたオッサンたちが何人か集まって、近況報告を話し合う。


会自体は3年位前から続いているのだが、いつの間にか、場所が上野の仲見世通りの
桃太郎という寿司屋にいつも集まることから、自分だけこう呼んでいる。


今日は、5人のおっさんと1人のキャバ嬢が集まった。

他愛もない話から、あることないこと、世の中の話、全員が業種役職バラバラなのが面白い。


俺は比較的若く見られるが、男5人とキャバ嬢が全員タメ口で話をしている光景がなんだか異様である。



時間が経つと、成さんがキャバ嬢との同伴のノルマの為に30分ほど席を外す。


ここからは、一気に大人の時間である。


"adult time"でもあり"business time"でもある。


沖縄やって来た邦さんはこの2、3か月で独立し、会社を立ち上げた。







ちょっと前にある手助けとヒントをしたのだが、それが凄く大きなことで、新しい会社にとって、次のステージにつながる大きな一歩になったらしい。


次のステージに向かう構想を聞いた俺は、その場できっと導いてくれるある方に連絡し、ヒントを引き出してくれるように依頼をした。


前から付き合ってきた邦さんが、そこまでビッグになれるなら、労は惜しみませんよ。


なんせ、誰もが知っている日本有数の企業から直々のオファー。

社長として、これを逃すのはもったいない。


こうした時の俺の見返りは、勉強させて欲しいということ。

自分も知らない分野を協力する代わりに、その分野を一から一緒に勉強させてもらう。

意外にそういうものが、俺の頭の中のメモリに書き込まれ、いろんな所でCPUが回転し、HDがカリカリ鳴り出す。



そして、果たして邦さんは台風の最中、沖縄に帰れただろうか?



おわり(・∀・)




関連記事
2011.05.27 Dreamers
昨日の話。


au bon painについて、話を聞く会をもつ。


2011.05.08 オーボンパンという幻想


会と言っても、3人でのディスカッションレベルもいかない会食。


久しぶりに、神谷町からオークラまでの坂道はちょっと見ない間にいろんなことが変わっていて、あの頃あった本屋もコンビニもなくなってしまった。






ダイニングカフェ カメリア コーヒーショップで、ひたすらサラダバーを食べながらの食事。








本日の主題の話に関していうと


0からモノ、業態を作ってきた人間が3人集まった中で、ほとんど初めて会う中での会話。


マーケッターサイドの話を聞くと、三者三様にこだわりや自負があるため、それをハショってしまうと、話が複雑になる。


こちらは見たことがない業態で興味本位な為に、まずシンプルなことから考えるが、思い入れのある方からするとシンプルな条項は本質ではないと認識して、ディテールから話をしてしまう為、話がすれ違わない。

これは、DREAMERが重なってしまうとよくある傾向で、どちらかというと右脳のDREAMERであった俺も幾人ものこうした人たちに囲まれ、揉まれることによって現実路線を 引き出すか?形にするか?を考える”人間”になった気がする。


つまり、客観的に物事を見れるようになったってこと?



オークラに行くすがら見た、東京タワーと雲に映る赤い光。






自然と都会が混じった、この神谷町近辺が池袋よりも好きだ。



おわり(・∀・)






関連記事
http://blog109.fc2.com/control.php?mode=design#header
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。